予約はお早めに!レンタルで最新のデザインの着物や袴を着よう

サイトマップ

袴レンタル

振袖や袴のレンタル予約は早めに!

袴を着ている女性

わたしは成人式の時には振袖を、大学の卒業式の時には袴をレンタル利用しました。一度しか着ないものなので、買うまでもないと思ったのです。振袖は実家に母が着たものがあったのですが、いまひとつデザインが好みではありませんでした。そのためレンタルを利用することにしました。
レンタルのいいところは流行のデザインが選べることです。さらに、レンタルショップで着付けまでやってくれるのが良かったです。家にある振袖や袴を着るとなると、美容院などを予約しないといけないので二度手間です。振袖や袴を運ぶ手間がかかるのもデメリットです。レンタルならお店で着物を受け取って、着付けまでやってもらうことができます。
わたしがレンタル着物を利用する際に学んだことは、予約を早めにすることです。成人式で振袖を借りたとき、チラシやネットで「いいな」と思った柄の着物はすでに予約済みということがありました。大学の卒業式の時にはこのときの経験を生かして、かなり早めに予約しました。おかげで選び放題でしたし、早期割引キャンペーンまで付いていてお得でした。お店によって違うかもしれませんが、早めに予約しておいた方が良いです。着付けの時間も好きな時間が選べたので良かったです。

袴で卒園児たちを見送る

幼稚園の先生をしていた私は、幼稚園教諭歴2年目から3年間年長組の担任をしていました。2年目の時に初めて年長組の担任になった時は、30人クラスで本当に賑やかでした。同じ年長組の先生と「卒園式では袴で見送りたいね!」という話をしていたので1月頃に着物をレンタルしてくれるところへ行きました。
振袖は簡単にレンタルすることができたのですが、卒業式シーズンで袴のレンタルが出来ずに、渋々、安い袴をネットで購入しました。卒園式当日、朝から美容室で着付けをしてもらい、髪もセットしてもらいました。
着慣れない振袖と袴姿で車を運転して出勤したのを覚えています。保護者や卒園する子供たちは、ジャージにエプロン姿しか見たことが無かったので驚いていました。無事に子供たちを見送り、素敵な卒園式になりました。その次の年も私は年長組の担任になったので、また卒園式で袴が使える~!と思っていたのですが、ペアの先生から「袴とか着ないからね!」とくぎを打たれ、その年の卒園式はスーツ。
4年目も同じ先生とペアだったので、ネットで購入した袴は1度しか使われず今もまだ実家の和ダンスに眠っています。娘が卒業式で着るまで大切に保管しておきたいと思います。

着物や袴をレンタルするメリットとは

着物や袴をレンタルするメリットは、毎回着るたびにデザインを変えることが出来て、着物を着ることを楽しむことが出来るということでしょう。着物を着る機会というのはそれほど多くはありません。特に振袖というのは、成人式や卒業式や謝恩会、あとは結婚式などですね。また訪問着用の着物になるとお茶やお華、また着付け教室などに行けば着用の機会はありますが、何も習っていないと着る機会は非常に少ないのです。そのために着物を持っていないという人も少なくないのです。
着る機会がないと、せっかく購入してもそのデザインが流行遅れになってしまうこともあります。それは残念ですよね。そのようなことを避けるためにも着物をレンタルすることを考えたら、いつも最新の着物デザインの中から洗濯をすることが出来ます。また、毎回好きなデザインを選ぶことが出来るという点でメリットが大きいでしょう。着物を着る時は、小物もたくさんありますね。基本的な着物用の下着などは持っていたとしてもその他のものをそろえる物大変です。着物や袴をレンタルするときには、草履やバックなどの小物もレンタルできるので、どの着物を選んでも困らないのです。
レンタルをすると最新のデザインの着物や袴が着れるという点で大きなメリットがあると思います。


京都のとことこで着物をお得に、そして京都の旅を楽しむためにレンタルしましょう!京都で着物をレンタルすることで、写真の写り方など、思い出に残しやすいのです!美しい京都の町をぜひ着物をレンタルして遊んでみましょう!

New Information

「袴」だけど袴じゃない?ズボンの別名

今回は厳密に言えば袴ではありませんが、袴に少し関係のある番外編?のお話をしたいと思います。昔、日本では軍服のズボンの事を「袴」と書いて「袴(こ)」と呼んでいたそうです。いわばズ…

男性用袴の買取専門業者について

袴類の販売専門店などが存在をしているように、それとは逆に袴類の買取りを専門的に行っている事業者もあるようです。そして男性用袴の場合についてですが、この場合には今のところとしては、これの…

男性袴に関しての購入相場について

袴に関しては、着物類に属する衣類として、男女ともに今のところはあまり大きな購入価格の相場などの差とかは無いような感じがします。平均的な相場としては、約1万5千円程度といったところですが…

季節に合わせた着物

着物も洋服と同じでその季節に合ったものを着ます。その区別は「薄着か厚着」かです。訪問着のような改まった場に着て行く際、常識として覚えておく必要があります。では、どの季節にどんな…

New List

TOPへ